九州大学 材料工学部門 工学部 物質工学科 材料工学コース 大学院工学府 物質プロセス工学専攻/材料物性工学専攻 大学院工学研究院 材料工学部門

教員紹介

材料反応工学講座

  • 教授 国友 和也

    国友研究室

    資源,エネルギー,環境に配慮した革新的製錬プロセスを研究・開発しています。

  • 教授 中野 博昭

    中野研究室

    電気化学反応を利用して,材料表面への新しい機能性膜のプロセッシングを研究・開発しています。

  • 教授 中島 邦彦

    中島研究室

    高温融体を用いた材料創製プロセスに関する研究を行っています。

  • 准教授 大野 光一郎

    国友研究室

    環境に優しく持続可能な高温冶金プロセスの開発を目指して,熱力学と反応制御学を活用した基礎および応用研究を行っています。

  • 准教授 齊藤 敬高

    中島研究室

    高温下における物理化学を利用して,新しい無機物質プロセッシングを研究・開発しています。

材料加工工学講座

  • 教授 宮原 広郁

    宮原研究室

    鋼,鋳鉄を始めとする金属,半導体,セラミックスの凝固・結晶成長について研究・開発しています。

  • 主幹教授 堀田 善治

    堀田研究室

    巨大ひずみ加工を高圧下で行う新組織制御法を使って,構造材料や機能材料の 新規創出や高性能化を図っています。

  • 教授 金子 賢治

    金子研究室

    材料特性の発現メカニズムを理解し,新材料を的確に開発するために,その構造や組成を原子スケールで解析しています。

  • 教授 土山 聡宏

    土山研究室

    鉄鋼材料における力学特性の改善を目指した合金設計・組織制御技術について研究しています。

  • 准教授 田中 將己

    田中研究室

    材料の変形・破壊挙動の基本メカニズムを明らかにすることで,より安心・安全・快適に暮らせるための材料開発に貢献しています。

  • 准教授 佐藤 幸生

    金子研究室

    電子顕微鏡や理論計算を駆使して,原子・電子のスケールからセラミックスが発現する機能の開拓を行っています。

  • 准教授 森下 浩平

    宮原研究室

    金属や半導体の溶解・凝固・結晶成長のその場観察を基に、溶解・凝固のダイナミクスおよびその相互関係について研究を行っています。

材料機能工学講座

  • 教授 向田 昌志

    向田研究室

    材料の持つ類い稀な機能を引き出すための結晶構造,デバイス構造を創出しています。

  • 教授 尾﨑 由紀子

    尾﨑研究室

    新規加工プロセス提案を目的に,非平衡金属材料についてナノ構造変化の観点から変形機構の解明を行っています。

  • 教授 山崎 仁丈

    山崎研究室

    理想的なエネルギー技術実現の鍵となる無機材料の点欠陥挙動およびそれを介した固体表面での化学反応を材料工学の視点から徹底的に研究しています。

  • 准教授 加藤 喜峰

    加藤・宗藤研究室

    地球環境に優しい材料,デバイスを目指すエコマテリアルの研究を展開しております。

  • 准教授 宗藤 伸治

    加藤・宗藤研究室

    半導体プロセスを用いて,熱電発電材料の研究・開発しています。

  • 准教授 寺西 亮

    金子研究室

    物理的真空蒸着法や化学溶液法を用いて無機材料の薄膜を作製しています。構造解析や電磁気的特性を評価して,機構解明や高性能化などの研究を行なっています。

エネルギー研究教育機構/
稲盛フロンティア研究センター

  • 教授 山崎 仁丈

    山崎研究室

    理想的なエネルギー技術実現の鍵となる無機材料の点欠陥挙動およびそれを介した固体表面での化学反応を材料工学の視点から徹底的に研究しています。

鉄鋼リサーチセンター