九州大学 大学院工学研究院 材料工学部門 結晶塑性学(田中)研究室

ご挨拶

当研究室では金属や半導体など様々な結晶性材料の力学物性について研究を行っています.材料には電気的性質,磁気的性質,光学的性質など様々な性質があります.そのなかで材料の「塑性変形」や「破壊」現象に関わる力学的性質は,種々の構造物の安全性や機能性に直結する物性であり,その基礎研究は直面するエネルギー問題や環境問題を解決し未来を先導する技術革新に不可欠のものです.とくに九大の誇る超顕微科学的手法を駆使することで,結晶格子欠陥と呼ばれる材料のナノスケール構造とマクロな性質とを結びつける,マルチスケールな力学物性研究を進めています.

お知らせ

優秀ポスター賞: M1今山輝君が日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部・軽金属学会九州支部合同学術講演大会において受賞しました。NEW
4年生3名が研究室配属になりました。NEW
奧山彫夢博士,久保文吾君の2名が着任しました。NEW
田中准教授が日本金属学会功績賞を受賞しました。NEW
Bhargavi Rani Anneさんが研究生としてメンバーに加わりました。
優秀賞:M1橋本英也君が,日本鉄鋼協会172回秋季講演大会において受賞しました。
努力賞:M1林幸宏君が,日本鉄鋼協会172回秋季講演大会において受賞しました。
田中准教授が日本金属学会村上奨励賞を受賞しました。
東田賢二 名誉教授最終講義・退職祝賀会のお知らせ。
優秀賞:M1林 幸宏君が日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部・軽金属学会九州支部平成28年度合同学術講演大会において受賞しました。
優秀賞:M1カロカロ ハルナス君が日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部・軽金属学会九州支部平成28年度合同学術講演大会において受賞しました。
国内発表リストを更新しました。
東田先生に九州大学名誉教授の称号が付与されました。
四年生が研究室配属になりました。
メンバー国内発表主な就職先内部・OB向けを更新しました。
東田教授が佐世保工業高等専門学校長として転出されました。
高紅叶特任助教が機械工学部門特任准教授として転出されました。
中嶋恭子テクニカルスタッフが総合理工学研究院のテニクニカルスタッフとして転出されました。
田中准教授が日本金属学会2016年春期講演大会(第158回)で基調講演を行いました。
東田教授が鉄鋼協会「学術功績賞」を受賞しました。
国内発表国際学会発表を更新しました。
学生発表優秀賞:M2安井隼人君が第57回日本顕微鏡学会九州支部術講演会おいて受賞しました。
学生発表優秀賞:M1藤崎基君が第57回日本顕微鏡学会九州支部術講演会おいて受賞しました。
優秀賞:M1中村直人君が日本鉄鋼協会第168回秋季講演大会ポスター発表において受賞しました。
優秀賞:M1藤崎基君が日本鉄鋼協会第168回秋季講演大会ポスター発表において受賞しました。
努力賞:M1松尾健太君が日本鉄鋼協会第168回秋季講演大会ポスター発表において受賞しました。
田中准教授が「材料の強度に関する国際会議(ICSMA17)」においてPlenary Talkを行いました。
ポスター賞:M1中村直人君が日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部・軽金属学会九州支部平成27年度合同学術講演大会において受賞しました。
ポスター賞:M1松尾健太君が日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部・軽金属学会九州支部平成27年度合同学術講演大会において受賞しました。
ホームページをリニューアルしました。
PAGE TOP